死ぬとき笑う

だから行動して考えて変わり続ける!

チャンスボールをミスらないコツ

試合に挑戦し始める頃に「チャンスボールをミスってしまう」と悩む人は少なくないと思います。

 

もしかしたら誰もが通る道なのかもしれません。

 

昨日、テニススクールで子どもたちにレッスンをしていて気づいた「これはいいかも!」というコツを今日は紹介します。

 

それは「フェイントを入れる」です。

 

あるいは「タメをつくってコースを隠す」と言った方がしっくりくる人もいるかもしれません。

 

昨日の一週間前、私がスクールで子どもたちに提供したテーマは「相手が何を想定しているか想像してみよう。そして、相手が待っているコースの逆に打とう」でした。

 

先週はそれだけ伝えて自由にプレーしてもらったところ、いつもより良いプレーをたくさん見せてくれました。

 

そして、昨日はそれを能動的に作るテーマ「相手に右を意識させて左に打とう」でした。

 

さらには、それの応用「ジョコビッチ、ナダル、フェデラーよりもスゴいスペインの19才アルカラスのように、強く打つと見せかけてドロップショットとかも決まると楽しいよ」と伝えて、例のごとくあとは自由にプレーを楽しんでもらいました。

 

このテーマは子どもたちが楽しいと感じる要素が満載なのでみんな夢中。楽しみながらもとても集中します。

 

結果的にコーチを驚かせるプレーがたくさんみられるのでおすすめです。

 

少し話がそれたので戻します。

 

この話のポイントは、「フェイント」や「タメ」という技術的なキーワードよりも、「相手に右を意識させて左を打つ」「(フェイントを入れることで)相手の足を止める」ことです。

 

これをやろうとすると、チャンスボールに強くなれると思います。

 

それではまた!