死ぬとき笑う

だから行動して考えて変わり続ける!

育児の基本は「自分のことは自分でやる」

「自分のことは自分でやる」 これは私が息子によく言うセリフで、私の育児の基本スタンスです。 いつも唐突ですが、ふとそう思ったので自分の頭を整理するために言語化してみます。 これをもう少し正確に表現すると以下です。 「自分で考える余地を与え、自…

漫画「BREAK BACK」のテニス論が刺さりまくる

昨日、積ん読となっていたテニス漫画「BREAK BACK(ブレイクバック)」最新13巻を読むために、11巻から読み直していました。 そして改めて「勉強になる!」と思ったので今日はこれについて書きたいと思います。 この漫画の最大の特長は、作者のKASAさんが海…

子供の意志を育てる簡単な方法

「やりたいことは、特にありません」 よく耳にするこのセリフが意味する通り、日本は意志のない(あるいは、意志の弱い)人間の割合が多いと感じます。 大学でテニスコーチをしていてもそれを感じることがあります。 社会をより良い方向に変えようとする原動…

息子との会話

息子「(夏休み前最終日で)学校から持って帰ってくる荷物が多くて重かった。今の担任の先生は全部持って帰れって言う」 私「先生によって違うんだ。その先生はなんで全部持って帰れって言うの?」 息子「…(しまった。地雷踏んだ)」 私「それ理由を聞いた…

この言い回しは反省

今日のコーチ業で反省したことがあるので書き留めておきます。 ジュニア中級クラス。今日は中学生男子6人でたまたまコートを2面使えたのでシングルスをたくさんやりました。 4人プレーして、2人が待機。 実は今月からレギュラーメンバーが増えたので通常通り…

今日からスペイン遠征

今日、小5の息子がサッカーでスペインに旅立ちます。次に会えるのは11日後。 息子が所属するレアル・マドリードスクールでスペインはサンセバスチャンで開催される「Donosti Cup」という国際大会に出場するためです。 Donosti Cup 2021 とは言っても、妻もつ…

伸びる人と伸びない人

今日は横浜市立大学庭球部のコーチ業の日でした。 この時期は入部したばかりの一年生とはじめましてのことがあります。今日も初対面の方が2人いました。 しかも2人とも完全なる初心者。 横浜市立大学はとても小さな学校で母数が少ないため毎年部員を集めるの…

「才能」は負け組の使う言葉

「きっと持って生まれた才能があったんだろうね」 野球の大谷翔平選手、ボクシングの井上尚弥選手、将棋の藤井聡太五冠。 天才と言われる人たちを見ているとそう言いたくなります。 例えテレビで有名な天才ではなくても、その町で一番の子を見れば同じような…

バカ親の子がバカになる理由

「勉強は普通イヤイヤやるものだよね」 先日、高校受験に備えて勉強をする中学生と40代の女性に「うちの子は勉強好きなんですよ」と話したらふたりが口を揃えてこう言いました。 もちろん私の息子を引き立てるために言ってくれたセリフでもあることは理解し…

算数オリンピックの結果

息子がまた結果を出しました。 以前の投稿「息子が勉強好きになるまで」で少し触れていた、年一開催の「ジュニア算数オリンピック」で決勝進出。ファイナリストになるという。 これがまた、どうやら凄いらしい。 くそ〜私より結果出すペースが早いぞ。 負け…

子どもの目がキラキラした話

実は私はIT企業でサラリーマンをしながら週に1回近所のテニススクールでアルバイトコーチをしています。 2レッスン担当していて、ひとつは「ジュニア中級クラス」、もうひとつは「真剣勝負クラス」という少し変わったクラスです。 どちらもやっててめちゃく…

指導者を選ぶ基準

今日は、息子が通うレアル・マドリード・ファンデーション・フットボールスクールの顔、瀬村コーチの最後の指導日です。 瀬村コーチご本人の許可を得たので本題に入る前に少しご紹介します。 瀬村コーチはこのスクールで強烈なリーダーシップを発揮されてき…

最低の親になって学んだこと

私の人生最大の汚点について、恥を承知で書きたいと思います。 この話は、小さなお子さんを持つすべてのお父さんに伝えたいです。 私と同じ過ちを犯さないことを心から願っています。「馬鹿な親」とはまさにこのことです。 今回はしくじり先生になったつもり…

親が子を無自覚に洗脳する例

昨日の投稿で、私の息子が勉強好きになったのは妻の働きかけが大きく影響している、具体的にはこんなことをしている、という話をしました。 そこには良い洗脳ともいえる声がけも含まれていましたが、今回はその逆、私がテニススクールでコーチをしていて、た…

息子が勉強好きになるまで

昨日の記事で、人は良くも悪くも洗脳しながら生きている生き物だよね、良い洗脳ってあるよね、それが自己肯定感のもとだと思う、という話をしました。 その中で、今小5の息子は勉強好きに育った、それには妻の働きかけが大きく影響しているとも書いたので、…

洗脳というライフハック

洗脳というと悪い話をイメージする人もいるかもしれませんが、それを応用すれば自分の人生を良い方向に向かわせることもできるよねというポジティブな話なのでご安心ください。 自分のことを良い方向に洗脳することは重要なライフハックのひとつだなと以前か…

背中で伝える

「指導してくれるのはうれしいんだけど、そのコーチがそれをできないと、説得力がないと思った」 小4の息子がサッカーから帰ってきてそう話していました。 息子は地元のクラブチームとレアル・マドリード・ファンデーションのスクールの選抜クラスに所属して…

育児の成功と失敗

コーチングと育児は根本的には同じなので、こんなことを考えたりします。 種の繁栄という観点から、私が考える育児の成功と失敗は以下です。 子どもたちが親である自分たちよりも優れた人間になったと思えていれば成功。 子どもたちが親である自分たちよりも…

意志の引き出し方

前回の投稿で、私が受けもつジュニアクラスの子どもたちの意志を感じることができてとても嬉しい、目がすごく輝いてきた、意志は今の時代を生き抜くために不可欠になってきた、という話をしました。 今回はその続きです。 私が子どもたちの意志を引き出すた…

意志のある人が好き

テニススクールでジュニアのレッスンを受け持つようになってもう数年経つのですが、子どもたちから意志を感じるようになってすごく嬉しかったので、今日はそれについて書きたいと思います。 例えば、テニスのドロップショット。 「テニスにはドロップショッ…