死ぬとき笑う

だから挑戦して考えて変わり続ける!

今日もまた繰り返しサーブを打つ

また壁打ちに行きました。

 

今日は先日の壁打ちで掴んだ感覚がアップデートされたのでそれを書き留めておきます。

 

アップデート前:
ネットの白帯の一点に狙いを定め、その点を越えるようなイメージでスイング

 

今日、練習試合でこれを試しました。

 

良い手応えを感じたのですが、大事なポイントではやはり力んでフォルトするのは変わりませんでした。

 

壁打ちの目的は、それを克服することです。そしてヒントを得ました。

 

アップデート後:
ネットの白帯の一点に狙いを定め、少し胸を張るように右肘を上げ、白帯に定めた一点を越えるようなイメージでスイング

 

右肘はボールを飛ばす方向と真逆方向に上げるイメージです。

 

弓で矢を飛ばす時と同じ考え方、ボールを投げる時も同じです。

 

とこらが、これまでの私はサーブを打つ時、胸が開かれず、閉じぎみで打っていたようです。

 

このアップデートで、軽く張られた胸が戻ることにより自然発生する身体の反動で出力を上げていけることを理解しました。

 

これであれば力む必要がなくなります。

 

これに気づいた時、力まないように意識するのではなく、力まなくても理想の出力で打てる打ち方に変えるという手段もありだなと思いました。

 

ただしこれだと、自動化されるまではフォームを意識することになります。

 

本来、特に試合中は、フォームのことを考えたくありません。

 

しかし今は、自動化されるまでは、右肘の位置をほんの少し意識しながら打とうと思います。

 

試合本番に間に合わせるために、明日もまた壁打ちに行きます。

 

それではまた!