死ぬとき笑う

だから行動して考えて変わり続ける!

いただいたアドバイスの具体的な内容

昨日「憧れのベテラン選手からいただいたアドバイス」という投稿をしました。 そこでは書きませんでしたが、具体的なトレーニングメニューの話もいただいていたので、今回はそれについて書きたいと思います。 それが以下です。 「長距離ラン?今は膝の怪我が…

憧れのベテラン選手からいただいたアドバイス

昨日「50才以上でランキング3位の男」という投稿をしました。私の憧れのベテラン選手です。 その投稿の最後に「どんなトレーニングをしているか知りたいから明日聞いてみる」と書きました。 そして今日、声をかけました。 昨日書いた「去年の関東オープンベ…

50才以上でランキング3位の男

憧れのベテラン選手がなんとFグレードの同じ試合に出ていました。 あれは1年と少し前、小田原テニスガーデンで見た関東オープンベテラン50才以上男子シングルス準々決勝。 筋骨隆々、色黒。少し頭は薄くなりはじめてるけどイカついおじさん。しかも、ラケバ…

サービスゲームがわかった!

自分のサービスゲームに足りなかったのは、元気!笑 いや、真面目な話。 小田急藤沢オープンベテラン1R。今日の試合で気づいたのですが、これは私にとってとてもとても大きな収穫でした。 今まで苦しかったサービスゲームをとても前向きに取り組むことができ…

商業テニススクールの真実

先日、副業でアルバイトコーチをしているテニススクールで社員コーチの代行をしました。 その時に改めて思ったことがあるので今日はそれについて書きます。 この話はどちらかというと商業テニススクールの新人コーチ向けの話ですが、スクールに通う方も知っ…

最強の熱中症対策

いやホント、熱中症対策はしっかりやらないといけませんよね。 本気のアマチュア選手活動を初めてから、俄然、暑さに強くなりましたが、そうなるために不可欠なことのひとつが「熱中症対策の確立」です。 熱中症を正しく理解して、備えて、実行する必要があ…

ほどよく力みが取れた

昨日「力みは悪」という話をしました。 力みはやっぱダメよね、怪我のもとにもなる、ということに気づいた後、Kコーチとのマッチ練習がありました。 今日は、その日に気づいた、ほどよく力みを取る具体的な方法について書きたいと思います。 その日は、しっ…

ストロークリズムを掴んで自動化せよ

鎌トー1Rが雨天順延となった日、その後晴れたので久々に壁打ちに行きました。 そして、その前日に読んだ漫画「BREAK BACK」11巻に出てきた「ストロークリズム」の習得を目指すための練習メニューを実践してきました。 そのメニューがこちら。 「ストロークリ…

漫画「BREAK BACK」のテニス論が刺さりまくる

昨日、積ん読となっていたテニス漫画「BREAK BACK(ブレイクバック)」最新13巻を読むために、11巻から読み直していました。 そして改めて「勉強になる!」と思ったので今日はこれについて書きたいと思います。 この漫画の最大の特長は、作者のKASAさんが海…

試合当日の準備

先日の「鎌倉テニストーナメント1R続き」という投稿で、会場近くまで行って「(雨の影響で)3時間遅れでスタート予定」という案内を確認し落ち込んだと書きました。 落ち込んだ理由は、試合当日の準備の半分をやり直さないといけなくなるからでした。 今回は…

鎌倉テニストーナメント1R続き

今日は一昨日、1stセット3-1のタイミングでまとまった雨が降り出し順延になった鎌トー1Rの続きでした。 昨日実施される予定だったのですが、昨日は朝まで雨。会場の近くまで行って「コート不良により3時間遅れでスタート予定」と知りがっかり。1時間待機した…

鎌倉テニストーナメント1R

今日は鎌トー一般男子シングルス1Rでした。 ルールは、デュースあり、6-6タイブレーク、ファイナルスーパータイブレークの3セットマッチ。 途中から雨が降り出し、1stセット3-1の時点で明日に順延となりました。 クレーコート。前日の雨でベースライン後方に…

ダブルスのサインプレーの基本とやりがちな間違い

学生リーグの男子ダブルスでは、サインプレーをするのが当たり前となっています。 後衛がサーブを打つ前に前衛がお尻の後ろでサインを出すあれです。 若さゆえのボールの速さがあるので、サインで意識合わせすることで反応速度を高め、かつプレーイメージを…

小田原リーグD2, S1

今日は小田原リーグでダブルスとシングルス両方に参戦。 炎天下で危険な暑さの中の試合だったため、ダブルスは2番手にしてもらいました。 D2 62 60 S1 61 61 チームも8勝1敗で勝利。1敗は軽い熱中症により途中棄権。正しい判断だったと思います。 さて、勝ち…

Kコーチとのマッチ

今週末は小田原リーグ。来週末は鎌倉テニストーナメント1R。 鎌トーは歴史もあり比較的レベルが高い大会で、その一般男子シングルスなので目標は1R突破です。 1Rの相手は神奈川大学体育会庭球部の2年生。ググってみたところシングルスの3番手くらいのようで…

イメージと動きのギャップを埋める

イメージと動きのギャップを埋められた時にはじめて、イメージしただけでできるようになる。 今、いくらイメージしてもできないのは、そのイメージにフィジカルが追いついていないから。 若い頃の私は、結構器用なプレーヤーだったんです。母にもよく「あな…

暑いし風強いし

昨日は前日に急遽テニスをしたいと思い立ちテニスオフを探したところ、15〜17時でシングルスのサシ練があったので参加してきました。 今年の梅雨はなんなんでしょうね。いわゆる空梅雨。昨日も真夏日でした。しかも風が強い。風速は6mでコートチェンジのたび…

1ゲーム内で重視すべきポイントはどれ?

30-30や40-40のポイント ゲームポイントやブレイクポイント 2ポイント以上差でリードしているポイント 例えばこの3つを考えた時、皆さんが考える最も重要なポイントはどれですか? もちろん、ゲームカウントにもよるという話はありますが、話が複雑になるの…

川崎市民エントリー完了

神奈川オープン準決勝で負けた時の相手が教えてくれました。 「川崎市民はベテランJOP対象大会でグレードFだけどドロー数が多いから割とポイント稼げるんですよ」 知りませんでした。 川崎市民も出たいな〜と思っていたのでたまたま少し前に知人の紹介で加盟…

「こうしたい」では試合は勝てない

自分本位なプレーは弱いよね。と最近ようやく言えるようになりました。 つまり、最近まで私は自分本位なプレーをしていたということです。 これについて、今日のパートナーとの練習試合でまた大きな気づきを得たので言語化してみます。 以前「試合は相手との…

ラケット選びのヒント

今日は、テニスのプレースタイルとそれに合うラケットは大きく2つに分けられる、ラケットに合わせてプレーは変わっていく、という話をします。 これは、失敗から学んだことなのですが、これを読む皆さんには同じ失敗を犯さないようにしていただきたいと思い…

全日本ベテラン選手からの学び

自分が主催するテニスオフに参加してくれてから付き合いを続けている全日本ベテラン本戦出場選手がいます。 昨日、久しぶりに彼と練習をしました。といってもいつも彼とやるのは5分アップからのガチ試合です。 結果は昨日の投稿にも書きましたが以下でした。…

ラケットを変えて感動

一昨日、テニスの団体戦、小田原リーグにダブルス2とシングルス1として参戦してきました。 D2:67(6) 62 4-10 S1:61 60 チームは無事、6勝3敗で勝利しました。 ダブルスは負けてしまいましたが、自分のテニスは久しぶりにとても良かったので気持ちよく帰っ…

ミスの原因は何か

ベテランの大会に出ている選手たちは皆、試合中のミスが本当に少ないんです。 いわゆるアンフォースドエラーが少ない。たとえ体勢が崩されていても触れたボールはほぼすべてコートに返すイメージです。 強い選手になると体勢が崩されていてもそのボールを攻…

何から強化すべきか

数日前の投稿で、自分史上最強を更新できる手応えがあると書きました。 その後、神奈川オープンで敗戦を経験しましたがその手応えは変わっていません。 では何を強化すれば自分史上最強への最短距離を走れるのか。 今日はこれについてアウトプットすることで…

自分史上最強!再び

先日の投稿「目標はすべて優勝」に応援コメントをくれた皆さま、ありがとうございます! 神奈川オープンでは目標を達成できませんでしたが、皆さまのお陰もあり、今はまた前を見れています。 今日はもうひとつの、前を見れている理由について書きたいと思い…

神奈川オープンSF

3-6, 4-6 悔しいです。けど相手の方が強かった。 一番辛かったのは、初めから最後まで相手のリターンが浅くならないこと。3球目攻撃をまったくやらせてもらえませんでした。 とは言え、この敗戦は学びがたくさんあったので、振り返りと合わせて、ここに残し…

神奈川オープン1R

6-1, 6-0 今さっき終わりました。会場が小田原テニスガーデンだったので電車でのんびり帰りながら、記憶が新しい内に書き残しておきます。 間もなく梅雨入りという話もありますが、今日は天気が良くて気温が高かった。 私の場合、こういう日に気をつけないと…

サーブ沼を卒業する

明日が久しぶりの本番試合、神奈川オープン1Rなのですが「サーブ沼を卒業する」と前向きな言葉で自分を洗脳するために書きます。 実は、身長187cmなのにサーブが本当に安定しないという悩みがあります。大事なポイントで力んでダブルフォルトとかよくします…

日本リーグ選手からの学び

一昨日「試合の緊張に慣れる」という投稿をしました。 それを書きながら「あ、そういえば彼はこんなことも言っていたな」と思い出したことがあったので、今日はそれについつ書きたいと思います。 それは、日本リーグ選手で山喜所属の小暮友貴選手とTwitterの…