死ぬとき笑う

だから挑戦して考えて変わり続ける!

いや、違うな

前回、「今は、自分史上最強とは言えないかもしれない」と書いた。 それが間違ってる。 今日のテニスで、それに気づいた。 自分を、良い方に洗脳すべきなんだから、むしろこう考えた方がいい。 「体力の心配はまったくない。今の自分は、自分史上最強だ。だ…

勝つ力があると信じる

先日、新型コロナに感染し、1週間寝込んだ。 仕事に復帰した頃には、体重が4kg減り、鏡に映る自分はひと回り細くなっていた。 数年かけて強化してきた身体を1週間で失ったことを理解した時はショックだった。体力も明らかに低下した。 復帰し、久しぶりにテ…

ジョコビッチが圧倒的にやっていたこと

下記の動画がすごく示唆に富んでいた。 ATPトッププロの公式動画でコートレベルのカメラだから見えてくる世界が通常のカメラとだいぶ違う。 この動画の手前でプレーしている選手は、デミノー、西岡、ナダル、ムセッティ、オジェ、ルネ、アルカラス、ジョコビ…

映画「トップガン」の教え

パリに行った時に飛行機の中で何度も観てしまった映画がある。 トムクルーズ主演の「トップガン マーヴェリック」だ。 1986年の大ヒット映画「トップガン」の続編として作られたこの映画は、男のあるべき姿、リーダーのあるべき姿をテンポ良くこれでもかって…

もう引退しようと思ったんですよ

先日、テニスオフに参加しました。 これまで何度も参加しているシングルスのテニスオフで主催者のHさんとはすっかり仲良し。テニスオフあるあるですよね。 彼はベテランJOPには参戦していませんが、川崎市民大会や横浜市民大会の年齢別に参戦し、1,2回戦はい…

よくやるラリー練習

前回の投稿でラリー練習の割合を増やしたと書きました。 今回はどんなラリー練習をしているか書きます。 前回書いた通り、今の私のラリー練習の目的は次の2つです。 ラリーの展開力向上 2セット目や2試合目のパフォーマンス向上 ラリーの展開力を向上させる…

ラリー練習の割合を増やす理由

以前から私は練習より試合を重視すると書いてきました。 その理由は、ボールを打ち返す能力を高めるよりも、試合に慣れる方がより早く強くなれると考えてきたからです。 私は、テニスコーチを本業にしていた時代はありますが、選手として活動したことがなか…

時間と空間を使う世界

8月末に「これがシングルスのすべて」という投稿をしました。そこで言っていた「これ」とは以下です。 「相手見て しつこく打って 逆を突く」 こう考えるようになってから私のテニスは自分史上最強を更新し続けています。 この3ポイントの内、最も重要と感じ…

練習より練習試合をした方がいいケース

オンコートトレーニングの時間に試合と練習、どちらを多くした方が早く強くなれるか。 「それは、もちろん練習」と考えるのが一般的だと思いますが、私の考えは違います。 出場するトーナメントの1回戦に勝てる可能性がある場合、練習より試合を多くした方が…

「もう年だから」と言えない世界

それがテニスのベテランJOPです。 5才刻みの年齢別で戦うので誰も年齢を言い訳にできません。 そもそも、年齢はもちろん、風や太陽の光、コートやボールのコンディションなどを言い訳にする人がほとんどいません。 だから、ベテランJOPが好きです。 ライバル…

横浜市民大会初日の結果

ベスト4に終わった去年の初日は8ゲームマッチを3試合やらされて、しかも皆んなめちゃくちゃ上手くて超過酷でした。 たしか昼前に会場入りして最後はタイブレークに突入しナイターの中19時までやりました。 今年はシードがついたので2試合。 1R Bye2R 803R 84…

バックハンドはフランスのあの選手のイメージで

私はワンハンダーです。バックハンドストロークは片手打ち。 スライスを使うことが多いですが、最近スピンがようやくわかってきたのでそれについて書き留めておきます。 正直、片手打ちのスピンはめちゃくちゃ難しい。両手打ちの方が簡単だと思います。 実は…

不器用だからすべて全力以外ない

昨日に引き続き今日も、横浜市民大会に向けた心の整理を目的にアウトプットします。 初戦から決勝まで、すべて全力で戦います。 レベルがズバ抜けていたり、器用な選手の場合、トーナメントの序盤の試合で調整し、中盤の試合で仕上げて、準決勝・決勝で出し…

横浜市民大会の目標

この記事が投稿される頃には3Rまで終わっているのですが、横浜市民大会40才以上男子シングルスの目標をここに明言し、本番に臨みます。 目標:優勝 順当に行けば準決勝が最大の山場となります。毎年優勝している選手との初対戦です。 この選手に勝つために今…

サーブは胸の筋肉の伸縮を活用する

以前からサーブが課題と書いてきました。 川崎市民大会の期間に打ち込んだ結果、私の場合、次の3つがイン率を向上させるポイントであることに気づいてからだいぶ改善されたと感じていました。 トスを左肩に落ちてくるようにする 腹圧を高めて打ちにいく ボー…

なぜ彼は数ヶ月で急成長したのか

月に1回、大学体育会のコーチをしているのですが、先日、ある1年生男子部員の成長が著しく驚かされました。 当然その理由は、正しい努力をしているからなのですが、彼の場合は、努力というより環境、正しい環境に身を置いているからと言った方がいいかもしれ…

ベテランJOPの神 比嘉明人選手の話

今回は次のYouTube動画に登場するベテランJOPの神、比嘉明人選手の話がとても参考になったので書き留めておきます。 それは次の2つです。 ❶ 週2回くらいは10km走る 明言はしていませんが、どうやら距離ではなく時間で、1時間走っているようです。距離は体調…

準備不足は論外!が言い訳の元になってた

「選手として準備不足はあってはならない」それは大前提だが、「たとえ準備不足でもベストなプレーを発揮する能力というものもが存在する」と考えておいた方がいい。 なぜなら、そう考えないと、準備不足を感じている試合でそれを言い訳にしてしまうから。 …

以前倒した若者が成長してて負けた

今年の6月に「世代を超えたつながり」という投稿をしました。 22才の好青年とテニスオフで出会ってその帰りにふたりでスタバに入りテニス談義に花を咲せた話です。 その日やった試合は私が勝っていたこともあり、アドバイスを求められたのでこんなことを伝え…

優勝はテニスが好きなだけじゃ無理だった

例えば、32ドローのトーナメントの場合、優勝できるのは32人の内の1人だけ。そもそも、優勝という枠は1つしかない。 その上、相手がいる。テニスは筋トレのような自分との戦いではありません。 もちろん、テニスが好き!テニス最高!という気持ちを持ってい…

負けて落ち込む時の自分を知る

たとえ練習試合でも、負けて落ち込むことがあります。 落ち込んだところで何もいいことはないとい上ことはわかっています。それでも落ち込む時があります。 それがどんな時かわかったので今回はそれを書き留めておきます。 まずは反対に、負けたのに落ち込ま…

2時間超えの試合を想定できているか

正直、私はできていませんでした。。 練習時間も長くて2時間と決めていたし。。 先日の投稿に書いた小田原市選手権一般シングルス本戦一回戦、足をつったのはファイナルセット、3セット目の第4ゲーム、試合開始から2時間以上が経過していました。 相手がシコ…

全勝者無料テニスオフが流行りつつある?

こんにちは、元祖全勝者参加費無料テニスオフ企画者の宮田です。 元祖かは不明なので自称です笑 今テニスオフを見てたら以下を見つけて「あ、マネしてくれたのかも」と思い少し嬉しくなりました。 これはつまり、ガチ勢集合!という意味な訳ですが、こんなテ…

小田原市選手権一般シングルス本戦1回戦

2-6, 6-4, 1-3 Ret ファイナルセットで右太ももをつってしまい戦闘不能となりました。 フィジカル不足も実力のうち、一回戦敗退です。 ちなみに、小田原はノーアドですがファイナルセットもワンセットやります。 敗戦は悔しいですが、それ以上に得られたこと…

選手生活はじめました

いや、選手といっても私はサラリーマンなので、プロのそれとは雲台の差があるとは思います。 それでも私は2年前、あえて自分を「選手」と洗脳することにしました。それくらいテニスに本気でいたいからです。それくらい本気で生きたいからです。 所詮、自分の…

ガットテンション縦横差5ポンドを試した結果

2週間ほど前に「ガットのテンション縦55×横50を試す」という投稿をしました。 今回はその結果を書き留めておきます。 結論からいうと、マッチしませんでした。 今の季節が前提で、縦54×横51という3ポンド差の打球感が私には最適ということを改めて確認できま…

履き回しがとても良かった話

その一番の理由は、理想のテニスシューズで長い期間プレーすることができるから。 他にもあります。今日はそれについて書き留めておきます。 かなり前ですが「テニスシューズの悩み」という投稿をしました。 そこで、アディダスのお気に入りのソールパターン…

小田原市選手権の予選がまさかの…

小田原市テニス選手権一般シングルスは予選からで予選は3人のリーグで8ゲームマッチの総当たりでした。 今日、はるばる小田原テニスガーデンまで行ったら、同じリーグの他の2人が来ないという。。 予選を戦わずして本戦出場が決まりました。 不本意と言いた…

目標の立て方を失敗していた話

前の2つの記事で、川崎市民大会40才シングルスの準決勝を勝ち切ったものの、同日の決勝でやらかしたという話をしました。 そのやらかしを一言でいうと「準決勝に勝った時点で天狗になった」です。油断したとも言えます。詳細は2つ前の記事「川崎市民で大馬鹿…

川崎市民のここは自分を褒めたい

昨日の投稿の通り、川崎市民大会40才以上シングルスは準優勝に終わりました。 昨日の投稿は、敗戦直後でかつ自分に腹が立っていたため自分を説教し、正すために書きましたが、今日は褒めたいと思います。 川崎市民大会は、昔一般シングルスに1回出た記憶があ…